2016-5-9 未分類
米カンザス州で、男女の双子を授かったイアン・マッキンタイアさんと妻のブリタニさん。

男の子にはメイソン、女の子にはマディリンと名付け、2人が生まれてくるのを楽しみにしていました。

mcintire_R
ところが、幸せな状況から一変。担当の医師から驚くべき事実を告げられます。

体重が900グラムあるマディリンちゃんに対して、メイソンくんは200グラムしかなく、無事に生まれてくる可能性は低いと言うのです。
mcintire4_R

しかも、メイソンくんの心臓には穴が開いており、さらには脳も正常に育っていないため、

もし無事に生まれることができたとしても、長くは生きられない可能性が高いのです。

心臓に開いた穴は手術で何とかできるかもしれませんが、脳の状態を考慮すると手術は行えないとのこと。
メイソンは生き延びることができない。この事実に打ちひしがれていたものの、双子の様子が見たくてエコー検査へ向かった夫婦。

するとそこで、奇跡のような光景を見ることとなりました。

なんと、エコー写真に映った2人は、手を繋いでいたのです。
baby-twin2_R

写真を見ると、マディリンちゃんの大きな指に、メイソンくんの小さな手が寄り添って曲げられています。

羊膜が別々なので、完全に触れ合えているわけではありませんが、

まるでマディリンちゃんがメイソンくんを守ろうとしているかのように見えたその写真は、

苦しい時期にあったマッキンタイアさん一家にとって、とても大きな意味を持ちました。

「私はメイソンをお腹に宿して抱えてはいるけど、本当ならこの子がいる場所のすぐ側に いてあげたい。

それは叶わないけど、すぐ隣でマディリンがメイソンに寄り添っていてくれている。

小さいメイソンが外に出てくるとき、この子は1人じゃない の。

マディリンがいてくれるの。それはとても安心できることだと感じたわ。」
mcintire3_R

すぐ側にいてあげたい。母であるブリタニさんの気持ちが痛いほどに伝わってきます。

メイソンくんが無事に生まれてきてくれるのかはまだ分かりませんが、

超音波写真の奇跡を信じて、出産の際にも奇跡が起こってくれることを願わずにはいられません。

 

引用元:http://buzzmag.jp/archives/50284
※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
>>>>>     [閉じる]     <<<

この記事の評価お願いします。
(カウントする為にいいね!ボタンを使用していますが、
Facebookで表示されるようなことはありません)

為になった/感動した/良かった
特に何とも思わない
こんな記事いらない/気分悪い/最悪

新規コメントの書き込み