2016-5-6 未分類

1

この奇跡が起こったのは2010年3月のこと。

オーストラリアに住む
父デビットさん、母ケイトさん夫婦。

彼ら念願の子を授かりました。
それも双子です。

その後、順調に成長していたのですが
6ヶ月妊娠26週目を向かえた時に急変
早産の危機に見舞われます。

羊膜に包まれたまま
生まれて来た双子の赤ちゃん。

後から生まれた娘のエミリーは
すぐに鳴き声をあげました。

しかし、前に生まれた息子ジェイミーは
声をあげることはありませんでした。

医師が懸命に蘇生処置を行いましたが
20分後、死亡が確認されました…

医師は別れを告げるように
デビットさんとケイトさんに伝えました。

※閉じる時は中央の「閉じる」を押して下さい
>>>>>     [閉じる]     <<<

新規コメントの書き込み